西周【古代中国】

古代中国の年表
前5000年頃~
中国最古の文明。黄河文明と長江文明を合わせた総称。
前16世紀頃~前11世紀頃
中国最古の王朝。青銅器や甲骨文字を使用し、神権政治が行われた。
前11世紀頃=前8世紀頃
西周 今ココ
皇帝の血縁者に地方を統治させる封建制を採用。鎬京に都をおいたが、異民族の侵入を受けて東の洛邑に遷都
前770~前211年
洛邑への遷都後に周王が弱体化し、各地の小国が中国の覇権を争う時代。諸子百家が登場。
前221~前206年
始皇帝により建国。中央集権的な郡県制を行い、「焚書・坑儒」で儒教を弾圧するなど厳しい統治。末期には反乱が頻発し、15年で滅亡。
前202~後8年
項羽との争いに勝利した劉邦が建国。長安を都とし、郡国制を採用。武帝のときに全盛期を迎えた。武帝の死後は宦官や外戚が政治の実権を握り、外戚の王莽により滅亡。
8~23年
建国者の王莽が、周時代の制度を復活させようと時代錯誤な改革を行った。赤眉の乱により滅亡。
25~220年
劉秀(光武帝)が漢を復活させ建国。末期の農民反乱により全国各地に軍事集団が割拠し、滅亡。

西周と東周

中国最古の王朝であるを滅ぼした「」が今回のテーマです。周は、前半の「西周」時代と後半の「東周」時代の2つに分けられます。

前半の西周は渭水(いすい・黄河の支流の1つ)流域におこり、鎬京という場所に都をおきました。

地図

封建制~地方の統治はお任せ~

西周では、「封建制」という支配体制をとりました。
封建制..?まったく意味が分からないです。

王様が自分の一族に領土を分配して、その地の統治を任せることです。各地の統治を任された人たちのことを、「諸侯」といいます。
ヨーロッパでも封建制は登場しますが、西周の封建制は血縁者を諸侯にした点が特徴です。
国家の一族経営ですね。

宗法を守りましょう

西周における封建制を支えた血縁集団を「宗族」といいます。この「宗族」をまとめるために定められたルールを「宗法」といいます。
宗法の一例

異民族の侵入、王の逃亡

中国史における理想的な時代とも称された西周ですが、前8世紀頃、西から侵入した異民族によって鎬京が陥落してしまいます。
西周は滅亡してしまったんですか?

「西周」という名前ではなくなりますが、周王朝が滅亡したわけではありません。西周の王は鎬京を捨てて東の洛邑に都を移しました。これを境に周は「東周」の時代に入ります。あくまで都を移しただけであって、王家は変わっていないことに注意です。
東に逃げる前が「西周」、逃げた後が「東周」ということですね。

地図

確認テスト

答え.渭水
答え.鎬京
答え.封建制
答え.宗法
答え.洛邑

次の解説
春秋・戦国時代【古代中国】春秋・戦国時代【古代中国】 より詳しく勉強したい人はこちら(外部サイトへジャンプします。)
参考 西周/世界史の窓

古代中国