【女帝】エカチェリーナ2世をわかりやすく解説

エカチェリーナ2世 ざっくり要点
  • 18世紀後半のロシア皇帝
  • ロシアの近代化を進めた女帝

エカチェリーナ2世とは?

エカチェリーナ2世は、18世紀後半のロシア皇帝(在位:1762-96)です。17世紀後半のピョートル1世と並び、ロシアの近代化を進めました。

生い立ち

エカチェリーナ2世はロシア人ではありません。もともとはドイツの貴族出身で、同じくドイツ生まれのロシア皇太子(のちのピョートル3世)と結婚しました。

国民に愛される皇后

ロシア皇帝に嫁いでからのエカチェリーナ2世は、ロシア語を習得して宗教もロシア正教に改宗するなど、ロシア国民に支持される努力を重ねました。

エカチェリーナ2世

ロシア皇后として、国民に愛されるための努力は当然よ。
一方、夫の皇帝ピョートル3世はドイツ風にこだわり、国民の反感を買いました。

ピョートル3世

祖国ドイツを捨てきれない…
ドイツにこだわるピョートル3世と、ロシアに馴染もうとするエカチェリーナ2世、ロシア国民の支持はもちろんエカチェリーナ2世に集まります。
こうした状況で、国民の支持も得たエカチェリーナ2世はクーデタを起こし、夫のピョートル3世を廃して皇帝に即位しました。

エカチェリーナ2世

もう私が皇帝やるわ。

私生活

プライベートでは、エカチェリーナ2世は数十~数百人の愛人を抱えていたと言われています。

女帝として

領土拡大

エカチェリーナ2世はピョートル1世に続いてロシア帝国の領土拡大に努めました。

西ヨーロッパ方面では、ロシア、プロイセン、オーストリアの3国でポーランドの国土を分け合いました。(→ポーランド分割

また南下政策として、オスマン帝国と戦ってクリミア半島を奪いました。

MEMO
ロシアは、冬季には多くの港湾が凍ってしまいます。そのため、不凍港(冬でも凍らない港)の獲得を目指して南方への進出を推進していました。→南下政策

ラクスマン

外交面では、軍人ラクスマンを日本に送って江戸幕府に交易を申し入れました。しかし当時の江戸幕府は鎖国体制をとっており、ラクスマンの要求は跳ね返されました。

エカチェリーナ2世 まとめ

まとめ
  • エカチェリーナ2世は、18世紀後半のロシア皇帝。
  • 17世紀後半のピョートル1世と並んで、ロシアの近代化を進めた人物。
  • ポーランド分割やクリミア半島の領有など、領土拡大に努めた。