匈奴

プロフィール
  • 領土:モンゴル高原
  • 存続期間:前4世紀~後5世紀
  • 特徴①:長期に渡って中国侵入を繰り返した遊牧騎馬民族。
  • 特徴②:前3~2世紀頃に冒頓単于のもとで全盛期を迎え、漢の高祖を破る。

騎馬遊牧民

匈奴は「騎馬遊牧民」と呼ばれる民族です。
騎馬遊牧民の特徴
  • 前9世紀頃、内陸アジアの草原地帯に登場した遊牧民族。
  • 騎馬の技術や機動力を活かして、しばしば定住農耕民族を襲撃した。
  • 国家を作ることもあり、匈奴やモンゴル帝国といった大帝国を築き上げた。
POINT
世界最初の遊牧国家は、前7世紀頃に南ロシアを支配したスキタイである。

匈奴の登場

匈奴は、前4世紀頃からモンゴル高原に登場した民族です。匈奴の生活文化はスキタイの影響を受けています。

冒頓単于

プロフィール
  • 人物:匈奴の最盛期を実現した単于。
  • 功績・政策:漢の高祖を破る
  • 在位:前209~前174年
人

匈奴は前3~2世紀頃に全盛期を迎えます。そのときの君主が冒頓単于(ぼくとつぜんう)という人物です。
MEMO
「単于」とは、匈奴における君主の称号を意味する。

漢の高祖を破る

冒頓単于は中国に侵入して、当時成立間もなかった漢の高祖(劉邦)を破りました

東西分裂

漢の武帝に敗れる

冒頓単于の死後、匈奴は弱体化していきました。前2世紀後半には漢の武帝に敗れ、衰退は決定的となりました
漢にリベンジを食らったんですね。

分裂

匈奴の衰退は止まらず、前1世紀に東匈奴と西匈奴に分裂してしまいました。そして分裂後も、それぞれの国家は漢の勢力に飲まれました。
  • 東匈奴→漢に服属
  • 西匈奴→漢に敗れ滅亡

南北分裂

さらに後1世紀頃、今度は東匈奴が南北に分裂してしまいます。その後、南匈奴は後漢に服属しました。
  • 北匈奴→ヨーロッパに西走。→フン人の祖先?
  • 南匈奴→後漢に服属

北匈奴はヨーロッパ方面へ進みました。そしてこの北匈奴の子孫たちが、フン人なのではないかとされています。
フン人と言えば、ゲルマン人の大移動の原因となる民族ですね。世界が繋がってる感じがしますね…!