鮮卑

プロフィール
  • 概要:2~5世紀頃に活躍した騎馬遊牧民族
  • 領土:モンゴル高原
  • 存続期間:前3世紀~後6世紀
  • 特徴①:4世紀に拓跋氏が北魏を建国。
  • 特徴②:北魏建国後は漢民族に同化していった。

匈奴に代わって登場

鮮卑は、もともと匈奴に服属していた民族でした。しかし匈奴が分裂を繰り返して弱体化し始めると、匈奴に代わって鮮卑が頭角を現し始めました。
地図

北魏を建国

386年には、鮮卑の拓跋氏という一族が北魏を建国しました。この時代、華北(中国北部のこと)では様々な政権が乱立し、それらは五胡十六国と呼ばれていました。北魏はそのうちの1つです。
POINT
太武帝の時代に、北魏は華北を統一した。

漢民族に同化

北魏の孝文帝は積極的な漢化政策を推し進めました。鮮卑は独自性を捨てて、漢民族(中国人)に同化していきました。
MEMO
漢化政策により鮮卑は漢民族に同化し、民族としては消滅した。