春秋・戦国時代【古代中国】

古代中国の年表
前5000年頃~
中国最古の文明。黄河文明と長江文明を合わせた総称。
前16世紀頃~前11世紀頃
中国最古の王朝。青銅器や甲骨文字を使用し、神権政治が行われた。
前11世紀頃=前8世紀頃
皇帝の血縁者に地方を統治させる封建制を採用。鎬京に都をおいたが、異民族の侵入を受けて東の洛邑に遷都
前770~前211年
春秋・戦国時代(東周) 今ココ
洛邑への遷都後に周王が弱体化し、各地の小国が中国の覇権を争う時代。諸子百家が登場。
前221~前206年
始皇帝により建国。中央集権的な郡県制を行い、「焚書・坑儒」で儒教を弾圧するなど厳しい統治。末期には反乱が頻発し、15年で滅亡。
前202~後8年
項羽との争いに勝利した劉邦が建国。長安を都とし、郡国制を採用。武帝のときに全盛期を迎えた。武帝の死後は宦官や外戚が政治の実権を握り、外戚の王莽により滅亡。
8~23年
建国者の王莽が、周時代の制度を復活させようと時代錯誤な改革を行った。赤眉の乱により滅亡。
25~220年
劉秀(光武帝)が漢を復活させ建国。末期の農民反乱により全国各地に軍事集団が割拠し、滅亡。

王の弱体化~覇権争いの始まり~

今回は、周王朝の後半である「東周」について見ていきましょう。
西周の都の鎬京が異民族に征服されて、東の洛邑に都を移した後の時代ですよね。

よく覚えていますね。王様が異民族に屈して都を移したものですから、東周の時代には王の権力は弱まっていきました。
そんな王と入れ替わるように、諸侯が活躍するのがこの時代です。
MEMO
諸侯・・・周王朝において、王から国内の領土を与えられ、その土地の統治を任せられた者。

春秋時代と戦国時代

この東周時代はさらに2つの時代に分けられます。前半を「春秋時代」、後半を「戦国時代」と呼びます。
春秋時代と戦国時代は何が違うんですか?

一言で言うと、諸侯たちの王への態度です。「周王朝を異民族から守るため、諸侯のNo.1を決める」という名目で争ったのが春秋時代です。この「王朝を守り、異民族から守る」という思想を「尊王攘夷」と呼びます。
それが戦国時代になるといよいよ王の弱体化が進み、「周王朝とかどうでもいいから真のNo.1決めようぜ」という争いに変化しました。

覇者

春秋時代は「諸侯が周王朝を守る」という大義名分を抱えながらも、その実態は諸侯による覇権争いです。春秋時代に有力だった諸侯は「覇者」と呼ばれました。覇者の中でも斉の桓公、晋の文公などが特に力を持ちました。

晋の分裂

春秋時代が終わると、血気盛んな戦国時代の到来です。
戦国時代突入のきっかけは何だったんですか?

最有力の覇者である晋が家臣たちによって乗っ取られ、韓・魏・趙(ちょう)という3つの国に分裂したことがきっかけです。この下剋上を目撃した他の国々が、「俺たちもやってやろうぜ」と奮起し、中国No.1の座を巡って争うのが戦国時代です。

王の弱体化が止まらない

周の王様はうなったんですか?春秋時代は「尊王攘夷」の考え方がありましたよね。

戦国時代になると、もはや周の王様はあってないような弱い存在になりました。

貨幣の登場

きっかけは農業だった

戦国時代は各国が激しく争う時代です。国を強くするするためには、国民の生活が安定していなければいけません。そのために力を入れるべきは、何だと思いますか?
生活の安定となると、農業とかですか?

正解です。青銅器に代わって鉄製農具が使用されたことで、農業の生産力が向上しました。生産力向上により、やがて農作物が余るようになると、今度は何をすると思いますか?
僕なら、それを売ってお金にします。

そうですよね。なので、戦国時代に貨幣が誕生したのです。この貨幣が何でできているかというと、鉄製農具の台頭により農業で使用されなくなった青銅です。
国力アップ作戦が貨幣にまで結びつくんですね..

戦国の七雄

戦国時代には、韓・魏・趙・秦・楚(そ)・斉(せい)・燕(えん)という7つの国が有力でした。これらの国々を総称して「戦国の七雄」と呼びます。
いちいちネーミングがカッコいいですね。

諸子百家に学ぶ国づくり

春秋・戦国時代は争いの時代です。どの国の王様も、強い国を作るために日々頭を悩ませています。そこで彼らが頼ったのが諸子百家という思想家たちです。「どうすれば戦争に勝てるか?」「どうすれば国がまとまるか?」といった質問を諸子百家に投げかけ、強い国づくりに励みました。
諸子百家にはどんな人たちがいたんですか?

諸子百家にもいろんな種類があるので、一つずつ見ていきましょう。

儒家

上下関係を大切に
思想:儒家は「」と「」を重視しました。「仁」は他者への愛、「礼」は目上の人への敬意です。上下関係の秩序によって、国は安定するんだという思想です。
代表人物孔子孟子(もうし)、荀子(じゅんし)

孔子の教えは著書である「論語」で現在も知ることができます。
孟子は「人の本質は善」という性善説を唱え、荀子は「人の本質は悪」という性悪説を唱えました。

法家

ルールが大事
思想:法家のルーツは荀子の性悪説にあります。なので「人の本性は悪だから、法によって人の行動を制限すべき」と主張しました。
代表人物商鞅(しょうおう)、韓非(かんぴ)、李斯(りし)

商鞅は、戦国時代の後、秦の中国統一にも関わる人物です。

墨家(ぼっか)

無差別の愛
思想:無差別の愛(兼愛といいます)が大事で、儒家のような上下関係による統治に批判的です。
代表人物墨子(ぼくし)

道家

あるがままに
思想:礼や道徳のような人工的な秩序を批判しました。あるがまま、なすがままの無為自然による生き方が大事だと主張しました。
代表人物老子荘子(そうし)

確認テスト

答え.春秋時代
答え.桓公・文公
答え.戦国の七雄
答え.鉄製農具
答え.諸子百家

次の解説
秦【古代中国】秦【古代中国】 より詳しく勉強したい人はこちら(外部サイトへジャンプします。)
参考 春秋・戦国時代/世界史の窓

古代中国