古代オリエントの統一(アッシリア・アケメネス朝)をわかりやすく解説【古代オリエント世界④】

ここまで、古代オリエント世界の各地域を見てきました。エジプトやメソポタミア、シリアなどですね。ここで、これらの地域を統一した国家が現れます。

アッシリアがオリエントを統一

前7世紀頃、アッシリア王国という国が全オリエントを統一しました。全盛期の王はアッシュル=バニパルという人物です。その領土を地図で確認しましょう。
アッシリアの領土

アッシリアの領土

ちょうどエジプト、メソポタミア、シリア・パレスチナを支配していますね。

国内をあえて分割

広大な領土を治めるには工夫が必要です。そこでアッシュル・バニパルは国内をいくつかの属州に分割しました。属州は、日本の都道府県のようなものです。そして各属州には総督を派遣しました。
MEMO
領土を州に分けて総督を送り込むことで、国内のすみずみまで国王の指示が行き渡りました。

圧政によって反抗を食らう

完璧に見えるアッシリアの統治ですが、実はそうではありませんでした。
アッシリアは征服した民族には重税や圧政を課していました。アッシュル・バニパルの死後、服属民の反発を受けて国内は内戦状態になりました。そして前612年、アッシリア帝国は崩壊し4つの国に分裂してしまいます。

オリエントを分け合った4つの王国

アッシリアによるオリエント統一時代は100年ももたず、オリエントに4つの王国が分立する時代がやってきました。
オリエントの地図

前7世紀末のオリエント世界

各国の特徴

メディア

イラン高原を支配した王国で、4王国の中で最も広範囲を支配しました。


リディア

世界で初めて金属貨幣を使用した国です。リディアはエーゲ海に面しており、ギリシアとの海上交易が盛んでした。


新バビロニア

アッシリアに征服されていなかったユダ王国を征服し、市民をバビロンへ強制連行しました。(バビロン捕囚)


エジプト

この時代のエジプトは末期王朝に区分されます。前332年にアレクサンドロス大王によって征服されました。

アケメネス朝

4王国に分立したオリエント世界を再び統一する国が現れます。それがアケメネス朝ペルシアです。

キュロス2世による建国

イラン人(ペルシア人)のキュロス2世という人物が前550年にアケメネス朝を建国しました。キュロス2世は好戦的な人物で、メディア、リディア、新バビロニアを征服して一気に領土を広げました。

MEMO
現代のイラン人は、キュロス2世をイランの建国者として称えています。

ダレイオス1世の統治

アケメネス朝の最盛期は、ダレイオス1世の時代に到来しました。彼の時代のアケメネス朝の領土を見てみましょう。

 アケメネス朝の領土

アケメネス朝の最大領土

西はギリシア北東部、東はインド北西部にまたがる大帝国です。

ダレイオス1世の工夫

広大な領土を統治するため、ダレイオス1世がとった政策がこちらです。

ダレイオス1世の工夫

各州にサトラップ(知事)を配置

全国を州に分け、サトラップという知事を配置して各州をおさめさせました。


「王の目」、「王の耳」でサトラップを監視

サトラップがちゃんと働いているかを監視するために、「王の目」、「王の耳」と呼ばれる監察官を巡回させました。


「王の道」をつくる

全国の都市を結ぶ「王の道」という国道をつくりました。これにより、領土の隅から隅まで迅速に情報を伝達することが可能になりました。


征服した異民族には寛容

支配下の異民族に対して寛容な統治をすることで、彼らの反発を防ぎました。

POINT
アッシリアが圧政で国民を押さえつけたのに対して、アケメネス朝では寛容な統治がされました

ゾロアスター教を信仰

最後に、イラン人が信仰していたゾロアスター教という宗教を紹介します。ゾロアスター教は火を神聖視する宗教なので、別名「拝火教」ともいいます。

ゾロアスター教の宗教観
この世界では、善の神「アフラ=マズダ」と悪の神「アーリマン」が戦い続けている。そして世界の終末に、救世主による最後の審判が下され、アフラ=マズダが勝利する。

ちなみに、ロックバンド『QUEEN』のボーカリストであるフレディ・マーキュリーは、ゾロアスター教の信者でした。

ポリス まとめ

まとめ
  • 前7世紀にアッシリアが全オリエントを統一したが、圧政のため滅亡した。
  • アッシリア滅亡後、オリエント世界はメディア、リディア、新バビロニア、エジプトの4つの王国が分立する時代となった。
  • イラン人のキュロス2世がアケメネス朝ペルシアを建国した。
  • ダレイオス1世の時代にアケメネス朝は最盛期を迎え、オリエント世界を統一した。
  • ダレイオス1世は全国各州にサトラップを配置し、それを「王の目」、「王の耳」によって監視させた。
  • イラン人は火を神聖視するゾロアスター教を信仰した。

同じカテゴリーの解説記事一覧
古代オリエント