中世ヨーロッパの封建社会

中世ヨーロッパ展開期の年表
10世紀ごろ~
中世ヨーロッパの封建社会 今ココ
荘園を基盤とした、主従関係による社会が成立。中世西ヨーロッパ世界の骨組みとなる。
1077年
神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世がローマ教皇グレゴリウス7世に謝罪。当時の教皇権の強さを象徴する事件。
1096~1270年
イスラーム勢力から聖地イェルサレムを奪還すべく、教皇主導で軍を派遣するも失敗し、教皇の地位が揺らぎ始める。東方との交流が活発になり、西ヨーロッパ世界の様変わりのきっかけとなる。
11~12世紀ごろ
余剰生産物の交換が活発になり、それまでの現物経済に代わって貨幣経済が浸透する。また十字軍の影響で遠隔地貿易が発達し、商業が発展する。
11~12世紀ごろ
十字軍をきっかけに商業活動が活発になったことで、各地の都市が力をつけて自治都市となっていく。
11~12世紀ごろ
商業と都市が発展したことで、封建社会が衰退し始める。かつての支配階級であった騎士や諸侯は没落し、国王の権力が強くなっていく。
14世紀ごろ~
十字軍失敗を機に教皇権は衰退する。アナーニ事件ではフランス国王にローマ教皇が捕らえられる。堕落する教皇・教会を立て直すべくキリスト教内部からの改革運動が活発になり、後の宗教改革へと繋がる。

混乱期に生まれた封建社会

これまでゲルマン人やノルマン人の大移動の歴史を見てきました。今のところの西ヨーロッパはどんな印象ですか?
次から次へと民族が移動して新しい国を作っての連続で、目まぐるしいです。覚えるのが大変…

そうですよね。これだけ民族が移動していると、西ヨーロッパは安定とは言えません。各国の国王や諸侯といった有力者たちは、他民族の侵入におびえる日々です。そんな混乱・恐怖から西ヨーロッパに「封建社会」が成立しました。

封建的主従関係

封建社会を支える仕組みが2つあります。そのうちの一つ目が「封建的主従関係」です。
なんだか難しそうな用語ですね…

全然そんなことはありませんよ。端的に言うと、「主君が家臣に領地を与える代わりに、家臣は主君に対して軍役の義務を負う。」という関係性のことです。
図

国王や諸侯が、「土地たくさん持ってるから貸してあげる。好きに使っていいよ。その代わり、戦争のときは俺のこと守ってね。」と言って結んだ契約です。

双務的契約

勘違いしてはいけないのが、「封建的主従関係」においては主君が絶対的に偉いわけではない、ということです。たとえ主君であっても、契約違反すれば家臣は服従を拒否することができました。
主君と家臣が対等な関係だったんですね

そういうことです。こういった、双方に契約を守る義務があることを「双務的契約」といいます。

国王は弱かった

封建的主従関係においては、たくさんの騎士を家臣として従える諸侯もいました。そんな大諸侯たちが権力を持つので、国王の権力はあまり強くありませんでした

荘園

封建的主従関係では、家臣は主君から土地を与えられました。家臣は領主として、与えられた土地(荘園)を経営します。領主を社長とするなら、従業員としてこき使われたのが農奴と呼ばれる不自由身分です。農奴には厳しい義務や制限がありました。
農奴の義務・制限
  • 賦役(ふえき):領主直営地で労働する義務
  • 貢納:生産物を治める義務
  • 結婚税
  • 死亡税
  • 十分の一税:教会に納める税

このように、農奴は領主である諸侯や騎士から搾取される存在でした。また領主も農奴も皆キリスト教徒ですから、各荘園には教会がありました。その教会を支えるのも、農奴が納める十分の一税でした。
まさしく農民奴隷ですね…

不輸不入権

荘園の領主は不輸不入権(インムニテート)を持っていました。不輸不入権とは、国王の課税権や裁判権を拒否する権利です
国王の権力が弱い時代ならではですね。

お金より小麦が大事?

また、農奴は移動の自由も制限されていました。一つの荘園内で生まれ育ち、死んでいきます。このような閉鎖的な環境では物と物の取引は行われず、貨幣の価値が無くなっていきます。なので、中世の西ヨーロッパ世界では自給自足の現物経済が主流でした
図
POINT
荘園を基盤とする封建社会は10~11世紀に成立し、13世紀頃までに最盛期を迎えました。

王権が弱いなら、誰が偉かった?

ローマ=カトリック教会の躍進

中世の西ヨーロッパでは、王様の力が弱かったんですよね。それなら、王に代わって他の誰かが権力を持つのではと思います。

いい気づきですね。それがローマ教皇です。ローマ=カトリック教会のトップの人です。荘園は外部との接触がないので、発信力を持つ教会の権威がぐんぐん高まっていったのです。

腐敗する教会

ローマ教皇の下には、大司教、司教、司祭といった序列があります。大司教や司教といった役職だと、かなりいい暮らしもできます。その甘い蜜を狙って、不当な手段やお金の力を使って教会に介入しようとしたりする者が増えてしまい、教会は腐敗していきました。
結局は金と権力ですね…イエスが知ったら悲しみますよ。

POINT
中世西ヨーロッパではカトリック教会が政治的な力を持つようになりました。