サータヴァーハナ朝【古代インド】

サータヴァーハナ朝とは
前1世紀~3世紀まで、インド中南部のデカン高原を支配した王朝。インド洋貿易で栄えた。
古代インドの年表
前2600~1800年頃
ドラヴィダ人によるインド最古の文明。「四大文明」の1つ。
前1500~500年頃
アジアから侵入したアーリヤ人による時代。前期ヴェーダ時代と後期ヴェーダ時代に分かれる。
前6~5世紀
小国が分立した時代の2大強国。
前4~前2世紀
インド初の統一王朝。アショーカ王のとき全盛期。
1~3世紀
クシャーナ朝サータヴァーハナ朝今ココ
  • クシャーナ朝:インドの北で、交易によって栄えた王朝。カニシカ王のとき全盛期。
  • サータヴァーハナ朝:インド南部の王朝。クシャーナ朝と同じく交易で栄える。
4~6世紀
インドの古典文化が開花した時代。ヒンドゥー教が定着。
7世紀
ハルシャ王による一代限りの王朝。

ここまでの流れ

マウリヤ朝の衰退後、インド北部にはクシャーナ朝がおこりました。クシャーナ朝の支配が届いていないインド中部~南部に、新たな王朝が生まれます。

北のクシャーナ・南のサータヴァーハナ

地図
 インドのほぼ全域を統一したマウリヤ朝は、アショーカ王の死後衰退しはじめました。インド北部ではイラン系民族によるクシャーナ朝がおこり、インド中南部(デカン高原周辺)は「空き地」となりました前1世紀頃、その地域にドラヴィダ人が建てた王朝がサータヴァーハナ朝です。
クシャーナ朝と同じく、ローマ帝国と中国の後漢の交易ルートの中継地として繁栄しました。クシャーナ朝が陸路交易の中継地であったのに対して。サータヴァーハナ朝は海上交易の中継地でした。

北インドと積極的に交流

 サータヴァーハナ朝では、アーリヤ人の文化を積極的に取り入れる動きが見られました。北インドからはバラモンをたくさん招いてヴァルナ制を導入しました。そうすることで王権を強化し、国力の底上げを狙いました。

メインはバラモン教だけど仏教もOK

 サータヴァーハナ朝はバラモン教を重要視する一方、王の一族には仏教を信仰する人物もかなりいました。なので仏教が弾圧されるようなことはなく、むしろ奨励されました。

石窟寺院の建設

岩
 デカン高原西部の岩山の岩質は石窟(岩山を掘って作られた空間)に適していました。なのでサータヴァーハナ朝の時代にたくさんの石窟寺院が作られました。
写真は世界遺産にもなっているアジャンター石窟寺院です。

滅亡へ

3世紀に入ると、地方の有力者が独立していき、サータヴァーハナ朝は滅亡しました。

サータヴァーハナ朝はクシャーナ朝とほぼ同時期に繁栄と滅亡を経験しました。


古代インド