ローマ共和政をわかりやすく解説【古代ローマ】

人

共和政ローマ

紀元前509年に王政を倒してから、紀元前27年の帝政開始までの期間の古代ローマのこと。初期は貴族に独占されていた政治が、徐々に平民に開かれていった。

王政の時代

 前8世紀ごろ、イタリア半島のティベル側のほとりにラテン人(古代イタリア人の一派)がローマを建国しました。
しかし北イタリアのエトルリア人の侵入を受け、一時ローマは彼らに支配されてしまいます。この間はローマには王様がいたので王政ということになります。
地図

エトルリア人を追放

紀元前509年、エトルリア人の王をローマの貴族たちが追い出しました。ローマ共和政の始まりです。ローマは、最初は小さな都市国家に過ぎませんでした。王がいないといっても、その実態は貴族たちが政治の実権を握る貴族政治です。平民たちは政治に参加することができませんでした。

豚くん

王様がいない政治体制を共和政と呼びます。

誇り高き共和政

共和政はもともと小さな都市国家ローマを運営するためにとられた体制です。しかし時代が進みローマが領土を飛躍的に拡大していく過程で、共和政にも限界が訪れます。しかしローマはなかなか共和政から抜け出すことができず、帝政への移行に約200年の年月を要しました。

どうしてスムーズに帝政に移行できなかったんですか?

共和政のしくみが王、つまり皇帝の出現を防ぐようになっていたからです。市民が王政を打倒したという事実が、それほどローマの人々にとって誇らしいものだったのです。

パトリキとプレブス

パトリキ(貴族):古代ローマの貴族階級。共和政ローマ初期中期ではパトリキのみで元老院が構成された。
プレブス(平民):中小農民や商工業者などの一般ローマ市民。重装歩兵として戦争で活躍するうち、政治的発言力を強めていった。

貴族政治

元老院は貴族が独占

人
元老院:国家の最高機関で、外交・や政などの決定権を掌握していた。貴族階級のみで構成されていた。
ローマ共和政は、実質的には元老院による寡頭政(少数指導制)であった。

エリート貴族はコンスル(執政官)に

コンスル(執政官):共和政ローマにおける最高職。任期は1年で、同時に2人の人物が選出された。

執政官に選ばれるためには財務官と法務官を経験していることが必要でした。
よっぽど優秀な人しか執政官にはなれなかったんですね。

緊急時にはディクタトル

ディクタトル(独裁官):国家の緊急時に指名される独裁的な執政官。任期は半年で、その期間は1人の独裁官に全ての権限が集中した。
ローマが非常事態に陥ったときにのみ独裁官が設置されます。「緊急事態だ!元老院でじっくり話し合って決めてる場合じゃない!」そんなときに1名の独裁官がコンスルから選出され、事態に対処しました。

市民全員参加の民会

民会:全市民が参加することができる立法機関。
民会には貴族だけではなく平民も参加することができました。
平民も参加できるなら、平等で良さそうですね

ところが、民会で議決された法律は元老院が認可しないと国法とはされませんでした。

身分闘争

戦争が始まったときは平民は重装歩兵として国のために戦ったので参政権を求めました。

豚くん

国のために戦ってるんだから、政治に参加したいのは当然の気持ちだね。
貴族からすれば、平民は戦争の貴重な戦力です。彼らの主張を簡単に突っぱねる訳にもいきません。そして貴族は平民に譲歩する形で平民会護民官の設置を認めました。

平民会

平民会は平民だけで構成される、貴族禁制の議会です。

護民官

護民官は平民会の議長を務める役職です。平民の権利を守るために元老院の議決に拒否権を発動できました。

MEMO
ローマが深刻な危機に陥った時や元老院内部で対立が起こった時は、政治家たちは護民官に意見を求めました。なので共和政時代をとおして元老院議員や執政官は護民官と良好な関係を築いていました。

ローマ法の整備

共和政ローマにおいて、法は貴族が独占していました。平民はもちろん不満の声を上げます。十二表法を皮切りにリキニウス=セクスティウス法ホルテンシウス法が成立し、平民の立場が向上していきます。
共和政時代のローマ法の詳細はこちら。

イタリア半島を統一

優れた政治システムのおかげで、ローマ内部で革命がおこるようなことはありませんでした。そしてもともとは小さな都市国家だったローマが、前272年にはイタリア半島を統一するにまで至りました。イタリア半島とは、ちょうど長靴の地形をしたところです。

貴族と平民の対立はあれども、国家としては着実にその領土を広げてきました。

アッピア街道

道路
国内には軍道を整備して、馬引きの戦車を走らせました。道路の全長をすべて合わせると15万kmにも及んだと言われています。「すべての道はローマに通ず」なんて言葉も生まれるくらいです。有名なものだとアッピア街道が今もローマに現存しています。

分割統治

また、征服していった土地を植民市・自治市・同盟市の3つに区分しました。植民市はローマと同等の市民権を得るなど好待遇でした。その一方、同盟市はひどい扱いを受けました。こうして格差を設けることで都市同士の団結を防ぎ、国家そのものへの反乱が起こらないようにしたのです。