ポリスとは?わかりやすく解説【古代ギリシア】

街

ポリス

古代ギリシアにおいて民主政が行われた政治形態。都市国家と訳される。暗黒時代末期頃から、ギリシア世界はポリス社会へ変容していった。

ポリスの成立過程

暗黒時代に南下してきたギリシア人により、ポリス社会が成立していきます。

1.穀物栽培に適さない環境

ギリシアという地域は、山が多くて大河や平野がありません。さらに雨はあまり降りません。このことから、農作物の栽培には適していなかったんです。しかし代わりに果樹栽培(オリーブやブドウ)が発達しました。でも毎日ブドウ食べててもおなかは膨れないですよね。古代ギリシア人も同じ人間。主食は炭水化物が欲しいものです。

2.交易で発展したギリシア

そこで、収穫した果実を加工して商品にして、ギリシア以外の地域の人が育てた穀物と交換してもらっていたのです。このように、ギリシアの経済は交易に依存していました。

3.集住によるポリス形成

やがて有力者が中心になって集まって住むようになり(集住=シノイキスモス)、ギリシアの各地でポリスが形成されていきました。有力者たちはそこで知恵を出し合いました。「こうやればもっとたくさんブドウが収穫できるんじゃない?」「あの地域の人はいっぱい麦と交換してくれるから取引の量を増やそうよ。」といったような感じです。そしてその有力者たちがそのまま政治を行う貴族政治が始まっていきます。

ポリス成立過程のまとめ
  1. 環境が悪くて穀物が取れない
  2. 交易をして穀物を輸入する
  3. 交易の知恵を出し合うために人が集まって住みだす

植民市建設

ギリシア人の生活は交易が命です。そこで、交易をもっと活発にするためにギリシア外の各地に植民市と呼ばれる交易拠点を建設していきました。マッサリア(現在のフランスのマルセイユ)、ネアポリス(現在のイタリアのナポリ)、ビザンティオン(現在のトルコのイスタンブール)などが代表的な植民市の例です。

ポリスでの生活

ギリシアの地形にも秘密が

多くのポリスは、かつてミケーネ文明が栄えた場所に生まれました。この地は山が多く、各ポリス同士は山で隔てられていたため、それぞれ独自の方言を使いました。それがやがてポリス内の仲間意識へと繋がりました。

アクロポリスとアゴラ

ポリス生活、街づくりはどのようなものだったのでしょうか。

アクロポリス

人々が住む場所の中心地にある丘で、各ポリスのシンボルです。神殿をつくって、市民の信仰の役割を果たしていました。緊急時には城塞としても使われました。アテネに現存するパルテノン神殿がその例です。2000年以上の歴史の中、戦争による炎上などで損傷を受けながらも丘の上にそびえたっています。
アゴラ
街
アクロポリスのふもとにある公共広場のことです。市民が集会をしたり、裁判もここで行われました。市民の日常生活の場所だとイメージしてください。

ヘレネスとバルバロイ

ギリシア人たちは、自分たちのことをヘレネスと自称していました。「俺たちは誇り高きヘレネスだ。」といった感じです。一方、異民族のことはバルバロイと呼びました。バルバロイとは、「意味のわからない言葉を話す人」という意味で、差別的なニュアンスを含んでいます。

オリンピアの祭典

オリンピアの祭典:4年に1度行われる、神に捧げるスポーツの祭典。ポリスの垣根を越えた全ギリシア人にとっての一大イベントであり、その期間中は戦争が止まった程。競技には男性のみが参加することができ、選手は皆全裸だった。

このように、古代ギリシア人はポリス同士の対立などはあれども、「自分たちはギリシア人なんだ」という仲間意識が根底にありました。