パクス・ロマーナとは?わかりやすく解説【古代ローマ】

パクス・ロマーナ
アウグストゥスの元首政から五賢帝時代の終わりまでの、ローマ帝国の平和な200年間のこと。五賢帝2人目のトラヤヌス帝のときにローマ帝国の最大領土を形成した。

ここまでの流れ

オクタウィアヌスがアクティウムの海戦でアントニウス・クレオパトラ連合軍に勝利し、「内乱の一世紀」が収束しました。
それと同時にローマ共和政も終了し、ローマはここから帝政へと移行します。初代皇帝はもちろんオクタウィアヌスです。

元首政

元首政(プリンキパトゥス)

ローマ帝政初期の政治体制。共和政を基盤とした帝政で、皇帝はプリンケプス(市民の第一人者)として統治した。3世紀末まで続いたが、ディオクレティアヌス帝のときに専制君主政に移行した。

謙虚なアウグストゥス

前27年、オクタウィアヌスは元老院からアウグストゥス(尊厳者)の称号を与えられました。これをもって帝政ローマの開始とします。前509年にエトルリア人の王を追放して以来、約500年ぶりにローマに「王」という存在が復活しました。晴れて初代ローマ皇帝となったアウグストゥスは独りよがりの独裁者になるのかと思いきや、こんなことを言い出します。

アウグストゥス

僕はあくまでプリンケプス(市民の第一人者)であって、決して王様や神様なんかじゃないよ。
なぜこんな謙虚な姿勢を取ったかというと、カエサル暗殺の教訓があるからです。
カエサル共和政を廃して独裁者になる勢いを見せたため、元老院の反感を買い暗殺されてしまいました。アウグストゥスはそんなカエサルを反面教師にしました。

ただ、表向きは第一市民だと言っておきながらも実態は独裁政治です。
このように、形式上は元老院や民会といった共和政のシステムを残しつつ、実態は皇帝の独裁をふるう体制を元首政といいます。

五賢帝時代

五賢帝

パクス・ロマーナ後半の1世紀末から2世紀末、ローマ帝国が最も安定した時代の5人の皇帝。トラヤヌス帝のときに領土は最大になった。

五賢帝
在位96~98年
ネルウァ
66歳で皇帝に即位。トラヤヌスを養子にとった。
在位98~117年
トラヤヌス
ローマ帝国最大の領土を形成
在位117~138年
ハドリアヌス
トラヤヌスが残した領土の維持に努めた。外敵を防ぐ「ハドリアヌスの長城」を建設。
在位138~161年
アントニヌス=ピウス
ローマ帝国の最も平和な時代を築いた。ローマに何の問題も起きなかった。
在位161~180年
マルクス=アウレリウス=アントニヌス
軍事よりも学問を好んだ「哲人皇帝」。哲学書『自省録』を執筆。

豚さん

五賢帝の順番は、「名前が短い順」で覚えられますね。

ローマ帝国の最大版図(トラヤヌス帝の時代)
地図

経済活動の変化

ローマの経済活動のスタイルも変わっていきます。

コロナトゥス

コロナトゥス

ローマ共和政末期から帝政にかけて出現した、富裕層がコロヌス(貧困市民の小作人)を使って土地を経営する形態のこと。ローマの領土拡大が落ち着くにつれて、従来の経営形態であるラティフンディアにとって代わった。

なぜラティフンディアからコロナトゥスに移行した?

ラティフンディアは奴隷制を前提とした土地経営です。富裕層が土地を所有して、そこで奴隷を働かせます。この奴隷はどこから供給されるかというと、戦争です。戦争で勝利し獲得した捕虜を奴隷にしていました。なので領土拡大が落ち着いたパクス・ロマーナの時代には、供給される奴隷の数は減少していました。そこで富裕層は、奴隷の代わりに貧困市民を使って土地を経営する手法にシフトしたのです。

ラティフンディアとコロナトゥスの大きな違いは、「奴隷を使うか市民を使うか」です。

季節風貿易

パクス・ロマーナは季節風貿易にも支えられていました。インド洋に吹く風に乗って、中国や東南アジアとの交易を行い、絹や香辛料がローマに入ってきました。