ムハンマド時代【イスラーム世界】

イスラーム世界の年表
7世紀
ムハンマド時代 今ココ
メッカに生まれた商人ムハンマドがイスラーム教を創始
632~661年
ムハンマドの死後、イスラーム世界をカリフが統率した時代
661~750年
イスラーム史上最大の王朝。アラブ人優遇政策により国民から反発を受ける
750~9世紀初頭
バグダードに遷都。ハールーン=アッラシードのとき全盛期
10世紀
シーア派王朝のファーティマ朝とブワイフ朝がアッバース朝を圧迫
11世紀
トルコ人王朝のセルジューク朝が登場。建国者トゥグリル=ベクがスルタンの称号を授かる。
12世紀
エジプトでサラディンがアイユーブ朝を建設。十字軍からイェルサレムを奪還する。
13世紀
フラグ率いるモンゴル軍がアッバース朝を滅ぼし、イル=ハン国を建設。ガザン=ハンのときイスラーム教に改宗。

爆発的に拡大したイスラム教

今回からイスラーム世界について勉強していきましょう。
イスラーム教ですね。なんだか怖いイメージが正直あります…

よくニュースで話題になる宗教ですもんね。しかしイスラム教が7世紀に生まれて以来、信者の数を増やし続け、今や世界人口の4分の1がイスラム教徒です。
そんなにたくさん!それだけ信者が多いということは、何か理由があるんですね。

その通りです。イスラーム教の誕生の歴史から、紐解いていきましょう。

戦争を避ける商人たち

イスラーム教が誕生する背景には、7世紀前半のビザンツ帝国とササン朝という2大帝国の争いがありました。
  • ビザンツ帝国別名、東ローマ帝国。ローマ帝国分裂後の東側の国。
  • ササン朝3世紀にイラン高原に建国
2国間の争いが、どうして新興宗教の誕生に繋がるんでしょうか?

ビザンツ帝国とササン朝は国境を接しています。そんな2国が戦争をすると、国境付近はとても危険で立ち寄れませんよね。なので、この時代の商人たちは戦場を避けて、アラビア半島へ大きく迂回する交易ルートを新たに開拓せざるを得ませんでした。
地図

商人が立ち寄るおかげで、アラビア半島は交易の中継地点として繁栄しました。中でもメッカという都市は特に発展を遂げました。
アラビア半島側からすればラッキーな話ですね。

経済発展の影に貧富格差の拡大

アラビア半島が交易地として発展したことは、決して良い面だけではありませんでした。商売では成功する人もいれば失敗する人もいます。つまり貧富格差の拡大が社会問題として浮上してきたのです。イスラーム教の誕生はもうすぐそこです。

ムハンマド

イスラーム教は、メッカの商人のムハンマドが創始しました。ムハンマドは、洞窟で瞑想をしているときに神のお告げを聞き、イスラーム教を始めました。
神のお告げか…僕も瞑想してみようかな。

ヒジュラ

ムハンマドの教えの中心として、「神の前の絶対平等」がありました。この教えが、当時の貧富格差が拡大したメッカで、貧困層に受け入れられたのです。
なるほど。貧困層にとって「信仰さえしていれば人は平等なんだ」というムハンマドの教えは救いになりますもんね。

こうしてムハンマドは信者を獲得していきました。一方、富裕層からすればムハンマドの主張は面白くありません。その結果ムハンマドとその信者は迫害を受け、逃げるようにしてメッカを離れて北のメディナに移動しました。この移動のことをヒジュラ(聖遷)といいます。ヒジュラが行われた622年は、イスラーム暦の元年とされています。
それほどイスラーム教にとって重要な出来事なんですね。

ウンマの建設

メディナに移動したムハンマドは、「ウンマ」というイスラーム教徒の共同体(国のようなものです。)を建設しました。ムハンマドはメディナを拠点に信者を増やした後、630年にメッカに攻め込みました。
一度は追い出されたメッカを攻め込むとは…ムハンマドの逆襲ですね。

メッカを征服したムハンマドは、カーバという神殿をイスラーム教の聖地と定めました。以降、イスラーム教は順調に広まり、ムハンマドの支配がアラビア半島全体に及ぶようになりました
人

カーバ神殿は現在もイスラーム教の最高の聖地です。イスラーム教徒以外は内部には入れません。

確認テスト

答え.ムハンマド
答え.メディナ
答え.ヒジュラ(聖遷)
答え.622年
答え.カーバ