七月革命(フランス)をわかりやすく解説

七月革命 ざっくり要点
  • 1830年にフランスで起きた革命のこと
  • それまでの王を追い出して新しい王を迎え入れた

七月革命とは?

七月革命とは、1830年にフランス王シャルル10世に対して、パリ市民が蜂起した革命のことです。七月革命の結果シャルル10世はイギリスに亡命し、新たにオルレアン家のルイ=フィリップが王に即位し、七月王政が成立しました。

革命の背景・経緯

ウィーン会議

1814年、ナポレオンが去った後のヨーロッパの戦後処理を決めるウィーン会議が開催されました。ウィーン会議は「絶対王政をヨーロッパに復活させたい!」という方向で着地したので、フランスにブルボン朝が復活することになりました。ブルボン朝といえば、フランス革命によって一度途絶えたフランス王家でしたね。

復活したブルボン朝

ブルボン朝の復古王政により国王に即位したルイ18世、さらにその後を継いだシャルル10世は共に、フランス革命の成果を無視した反動政治を行いました。

シャルル10世

フランス革命もナポレオンもダメだ。絶対王政こそが正義なんだ。
しかしフランスの市民にとっては、フランス革命以前の状態にまた戻ってしまうなんて許せません。こうした背景で、1830年にパリの民衆が反乱を起こし、国王シャルル10世は退位に追い込まれました(七月革命)。新たな王にはオルレアン家のルイ=フィリップが迎え入れられました。この新体制を七月王政といいます。

ルイ=フィリップ

絶対王政なんて時代遅れさ。
ところがこの七月王政も結局上手くいかず、1848年の二月革命へと繋がっていきます。

ここで『民衆を導く自由の女神』という七月革命をテーマにした絵画を紹介します。フランスの画家ドラクロワによって描かれました。中央のフランス国旗を掲げている女性は「マリアンヌ」というフランス共和国を擬人化した女神です。

「民衆を導く自由の女神」ドラクロワ(1830年)

七月革命の影響

ベルギー独立

七月革命の影響はヨーロッパ各地に拡がりました。オランダの支配下に置かれていたベルギーでは、七月革命の1か月後に反乱が起こり、独立を果たしました。ポーランドやドイツでも反乱が起こりましたが、それらは鎮圧されています。

POINT
七月革命の影響でヨーロッパ各国で自由主義・ナショナリズム運動が盛んになり、保守的な体制であるウィーン体制はぐらつきました。

七月革命 まとめ

まとめ
  • ナポレオン失脚後、ウィーン会議によりフランスでブルボン朝が復活した。
  • ルイ18世、シャルル10世はフランス革命の成果を否定する反動政治をおこなった。
  • 1830年7月にパリで反乱が起こり、新たにルイ=フィリップを国王に迎え入れた。
  • 七月革命はウィーン体制を動揺させ、影響を受けたベルギーはオランダから独立した。