産業革命(イギリス)をわかりやすく解説

産業革命って何?

産業革命とは、18世紀後半~19世紀前半にかけてイギリスで起こった、技術革新とそれにともなう社会構造の変化のことです。 産業革命を経て、イギリスは工業製品を大量生産して世界に売りさばき、「世界の工場」と呼ばれるまでの地位を確立しました。

なぜイギリスで産業革命が起こったか?

イギリスで産業革命が起こった背景には、いくつかの要因があります。
イギリスで産業革命が起こった理由

貿易による資本の蓄積

大航海時代以来、イギリスは積極的に海外に植民地を建設し、特に大西洋の三角貿易では莫大な利益を得ていました。工場や機械に投資するのにはもちろんお金が必要ですから、イギリスはその準備が整っていたのです。


労働力の確保

イギリスを含めヨーロッパでは、産業革命が起こる以前に農業革命という農業分野の進歩がありました。農作物の安定した生産によってイギリスの人口は増加し、のちの産業革命を担う労働力が確保されました。


海外市場の拡大

イギリスはインドやアフリカなどに植民地があり、海外市場が拡大された状態でした。せっかく工業製品を作っても、買い手がいないと意味ないですからね。

産業革命の流れ

産業革命は綿織物工業の分野で始まりました。元々イギリスは毛織物業が盛んでしたが、17世紀頃から綿織物の人気が高まっていました。綿織物は毛織物よりも安くて軽く、また洗濯も簡単にできるのでイギリス人の間でたちまち人気商品になりました。こうして、「綿織物をいかに効率的に、かつ大量に生産できるか?」を原動力に産業革命が始まります。

産業革命は、技術革命・動力革命・交通革命の3つに分けられます。
まずジョン=ケイという人物によって、綿織物を織るための機械(織機)が改良され、綿織物の生産量が一気に増えました。すると布を織るための糸が足りなくなるので、今度は原材料から糸を紡ぐための機械(紡績機)が改良されました。こうして段階的に綿織物を織る技術が革新されていきました。→技術革命
次に改良されたのが紡績機や織機を動かすための動力、つまりエネルギーの部分です。それまでは主に水力で動いていましたが、ワット蒸気機関を改良したことで、水力に代わる動力となりました。→動力革命
蒸気機関は綿織物業だけでなく、交通面にも利用されました。スティーブンソンが制作した蒸気機関車を、フルトン蒸気船を実用化し、ヒトやモノの大量輸送が可能になりました。→交通革命

産業革命を進展させた発明家たち

ジョン=ケイ 飛び杼を発明して織機を改良
ハーグリーヴズ 多軸紡績機を発明
アークライト 水力紡績機を発明
クロンプトン ミュール紡績機を発明
カートライト 力織機を発明
ワット 蒸気機関を改良
スティーブンソン 蒸気機関車を実用化
フルトン 蒸気船を実用化

産業革命の影響

資本主義の誕生

産業革命によって、資本家労働者の二大階級が形成されました。資本家は機械を買って工場を経営し、そこで労働者を働かせます。資本家は豊かになる一方で、労働者は一日長時間工場で働いて今日を生き抜くのがやっと…という社会です。つまり現代にまで続く資本主義社会は、産業革命によって成立したのです。

世界に波及

産業革命はイギリス国内だけの話ではありません。ベルギー、フランス、ドイツ、アメリカ、ロシア、日本へと産業革命は広がり、これらの「先進国」は農業社会から工業社会へと転換していきました。
その一方で、アジアやアフリカの国々は原材料を先進国に輸出し、先進国で出来上がった完成品を買い取るという立場を強いられました。

産業革命 まとめ

まとめ
  • 産業革命とは、18世紀~19世紀にかけてイギリスで起こった、技術革新とそれにともなう社会構造の変化のこと。
  • 農業革命による人口増加や、海外植民地獲得による市場拡大・資本蓄積がイギリスで産業革命が起こった要因。
  • 産業革命は綿織物業で始まり、技術革命・動力革命・交通革命と進展していった。
  • 産業革命は海外にも波及して先進国の工業化が進み、資本主義社会が形成された。