前漢の滅亡~新王朝【前漢③/古代中国】

古代中国の年表
前5000年頃~
中国最古の文明。黄河文明と長江文明を合わせた総称。
前16世紀頃~前11世紀頃
中国最古の王朝。青銅器や甲骨文字を使用し、神権政治が行われた。
前11世紀頃=前8世紀頃
皇帝の血縁者に地方を統治させる封建制を採用。鎬京に都をおいたが、異民族の侵入を受けて東の洛邑に遷都
前770~前211年
洛邑への遷都後に周王が弱体化し、各地の小国が中国の覇権を争う時代。諸子百家が登場。
前221~前206年
始皇帝により建国。中央集権的な郡県制を行い、「焚書・坑儒」で儒教を弾圧するなど厳しい統治。末期には反乱が頻発し、15年で滅亡。
前202~後8年
項羽との争いに勝利した劉邦が建国。長安を都とし、郡国制を採用。武帝のときに全盛期を迎えた。武帝の死後は宦官や外戚が政治の実権を握り、外戚の王莽により滅亡。
8~23年
新 今ココ
建国者の王莽が、周時代の制度を復活させようと時代錯誤な改革を行った。赤眉の乱により滅亡。
25~220年
劉秀(光武帝)が漢を復活させ建国。末期の農民反乱により全国各地に軍事集団が割拠し、滅亡。

宦官と外戚

皇帝の側近

前漢時代、皇帝の側近には宦官(かんがん)や外戚(がいせき)といった者がいました。
宦官..?外戚..?

宦官とは男性器を切り落とされた男のことで、皇帝の身の回りのお世話をしました。外戚は、皇后(皇帝の奥さん)の親族のことです。
切り落とす?!どうしてそんなことを…

宦官は皇帝の側近で働くので、皇后や女官たちとの交わりが起きないようにしたのです。下の写真は、今から100年ほど前の宦官です。
人

武帝の死後

前漢の黄金期を築いた武帝の時代には、皇帝に権力が集中していました。しかし武帝が亡くなると、宦官や外戚が実権を握ろうと動き始めます。

前漢の終わり、新の時代へ

外戚・王莽のクーデタ

後8年、外戚の王莽(おうもう)という人物に漢王朝は乗っ取られてしまい、前漢の時代は終了しました。帝位を奪った王莽は新たに「」という王朝をたてました。
皇帝の身近な人物に前漢はやられちゃったんですね。

「新」だけど「古い」

「新」という名前の王朝ですが、王莽は過去の「」王朝を理想としました。
周ってあの、封建制とかの時代ですよね?めちゃくちゃ昔じゃないですか?

そうなんです。新王朝からみて周は1000年も昔の時代です。王莽はそんな大昔の時代の政治を取り入れようとするものですから、すぐに反乱が起きてしまいました
当たり前ですよね….今の日本が平安時代の政治をするみたいなことですもんね。

赤眉の乱

王莽の時代錯誤な政治の結果、新は15年で滅亡してしまいます。新が滅亡に至った反乱を赤眉(せきび)の乱といいます。
赤眉?赤い眉毛??

王莽率いる政府軍との区別をつけるため、反乱軍のメンバーは眉を赤く染めたのです。赤色は漢王朝のシンボルカラーのようなものだったので、「新を倒して漢を復活させるぞ!」という意思の表れともとれます。
顔

確認テスト

答え.宦官
答え.王莽
答え.赤眉の乱

次の解説
後漢【古代中国】後漢【古代中国】 より詳しく勉強したい人はこちら(外部サイトへジャンプします。)
参考 漢(前漢)/世界史の窓

古代中国