グプタ朝【古代インド】

古代インドの年表
前2600~1800年頃
ドラヴィダ人によるインド最古の文明。「四大文明」の1つ。
前1500~500年頃
アジアから侵入したアーリヤ人による時代。前期ヴェーダ時代と後期ヴェーダ時代に分かれる。
前6~5世紀
小国が分立した時代の2大強国。
前4~前2世紀
インド初の統一王朝。アショーカ王のとき全盛期。
1~3世紀
  • クシャーナ朝:インドの北で、交易によって栄えた王朝。カニシカ王のとき全盛期。
  • サータヴァーハナ朝:インド南部の王朝。クシャーナ朝と同じく交易で栄える。
4~6世紀
グプタ朝 今ココ
インドの古典文化が開花した時代。ヒンドゥー教が定着。
7世紀
ハルシャ王による一代限りの王朝。

ここまでの流れ

インド北部のクシャーナ朝、インド中南部のサータヴァーハナ朝はともに3世紀頃滅亡しました。分裂状態に陥ったインドを再び統一するグプタ朝が4世紀におこります。

マウリヤ朝の再来?グプタ朝のはじまり

創始者チャンドラグプタ1世

地図
 320年、チャンドラグプタ1世によってグプタ朝が建てられました。グプタ朝は、かつてマガダ国が存在していた地域におこりました。この地域はマウリヤ朝を建てたチャンドラグプタが基盤とした土地でもあり、それを継ぐんだという意識があったようです。
マウリヤ朝の時代と同じく、チャンドラグプタ1世は都をパータリプトラに置きました。

「チャンドラグプタ」と「チャンドラグプタ1世」、別人ですので気をつけましょう。

チャンドラグプタ2世のとき全盛期

 グプタ朝はチャンドラグプタ2世(在位376年~414年)の頃に最盛期を迎えました。チャンドラグプタ1世の孫にあたる人物です。

またの名を超日王

チャンドラグプタ2世は、中国では「超日王」と呼ばれていました。

どうしてインドの王様が中国で知られてるんですか?

チャンドラグプタ2世の時代に、中国から法顕という人がインドに仏教の勉強に来ていたからです。
法顕は旅行記「仏国記」の中で、グプタ朝の繁栄の様子を記しています。

インド古典文化が開花

グプタ朝以前のクシャーナ朝は、異国文化を取り入れた文化でした。グプタ朝では、またひと味違う文化が生まれます。

ヒンドゥー教

宗教面では、バラモン教民間信仰が結びついたヒンドゥー教が生まれました。ヒンドゥー教徒は「マヌ法典」を規範にして生活しました。

グプタ様式で脱ガンダーラ

クシャーナ朝の時代(1~3世紀)、東西交流によって生まれた美術様式がガンダーラ美術です。仏像なのに鼻筋が通っていたり、服装が西欧風であったりするスタイルです。
グプタ朝においてはそんなガンダーラ美術を脱却して、インドオリジナルの美術を目指していこうという動きが見られました。そうして生まれたのが「グプタ様式」という美術様式です。

二大叙事詩の誕生

マハーバーラタ」と「ラーマーヤナ」という二大叙事詩がグプタ朝時代に生まれました。

叙事詩とは、歴史上の英雄や神を軸にした物語のことです。

シャクンタラー

「詩聖」として名高いカーリダーサはチャンドラグプタ2世に仕えた詩人です。カーリダーサは戯曲「シャクンタラー」を著しました。

ゼロの概念

0
 グプタ朝では、天文学、数学、物理学、医学といった学問が発達しました。特に数学の分野での偉大な業績は、ゼロの概念の発見です。「数字に0を足しても変わらない」、「0をかけると0になる」。このような「ゼロ」を使用した計算法はグプタ朝の時代に生み出されました。

エフタルに侵略され滅亡

 全盛期を築いたチャンドラグプタ2世の死後も、約50年間はグプタ朝は繁栄しました。しかしその後は衰退に向かいます。その原因は遊牧民エフタルです。
中央アジアにいたエフタルは、5世紀末から6世紀初めにかけて西北インドに侵入しました。領土内各地の都市をエフタルに破壊されてグプタ朝は弱体化し、550年頃滅亡しました。


古代インド