メロヴィング朝(フランク王国)

中世ヨーロッパ成立期の年表
4世紀~6世紀
ゲルマン人が大移動を開始し、西ヨーロッパ各地に国を建設。
481~751年
メロヴィング朝(フランク王国) 今ココ
ゲルマン人による国家の中で、フランク王国が台頭する。現在のドイツ・イタリア・フランスのルーツ。
751~987年
「カールの戴冠」により西ローマ帝国が復活。カール大帝の死後、フランク王国は分裂。
8~12世紀
ゲルマン人の一派、ノルマン人がヨーロッパに侵入。北欧が西ヨーロッパ世界に組み込まれる。

ここまでの流れ

ローマ帝国の東西分裂と同時期、200年もの歳月をかけてゲルマン人が大移動を開始し、その混乱の中で西ローマ帝国は滅亡しました。ゲルマン人は西ヨーロッパ各地に定住し、国家を建設しましたが、そのほとんどが短命に終わりました。

フランスの創始者クローヴィス

長寿国家フランク王国

ゲルマン人が建設した国家は、支配する側(ゲルマン人)とされる側(ローマ人)の宗教的対立により、ほとんどが短命に終わりました。そんな中、フランク王国だけは長生きすることができました。なぜだと思いますか?
フランク王国の国民、つまりアタナシウス派のローマ人を無理やりアリウス派に改宗させたんじゃないですか?

惜しいです。方向性はあってます。国民を改宗させたのではなく、国王自らがアタナシウス派に改宗したのです。その時の国王が、フランク王国初代国王、メロヴィング家クローヴィスです。
国をまとめるために改宗するなんて、そんな国王なら国民もついていきたくなりますね。

これによりフランク王国はローマ人を支配下に置くことに成功し、西ヨーロッパの中心勢力となっていきます

宮宰カール=マルテル

宮宰の台頭

フランク王国メロヴィング朝では、王家の相続制度は分割相続をとっていました。つまり、王位を親から子へ継承するたびに王の領地がどんどん小さくなり、王権が弱くなっていくということです。そうして弱体化していく王の代わりに、メロヴィング朝で実権を握ったのが宮宰という役職です

トゥール・ポワティエ間の戦い

ここでイスラーム世界に目を移しましょう。当時のイスラーム世界はウマイヤ朝のもとで広大な領域を支配していました。ウマイヤ朝はゲルマン人国家の西ゴート王国を滅ぼしてイベリア半島を支配し、フランク王国の目前に迫ってきていました
ついにイスラーム勢力がヨーロッパにまで…!目が離せませんね。

ここで登場するのが、宮宰カール=マルテルです。カール=マルテルは732年のトゥール・ポワティエ間の戦いでウマイヤ朝と戦い、見事勝利しました。これはヨーロッパ、つまりキリスト教世界をイスラーム勢力の侵略から守ったという点でとても重要な出来事です。
もしウマイヤ朝が勝っていたら、今のヨーロッパはイスラーム教に支配されていたのかもしれないですね…

地図

メロヴィング朝からカロリング朝へ

カール=マルテルはメロヴィング朝を倒して新たに王朝を起こす実力も十分に備わっていましたが、宮宰のまま生涯を終えました。そしてカール=マルテルの子、ピピンがクーデタをおこしてメロヴィング朝を乗っ取り、新たにカロリング朝(751~987)を開きました。