内乱の1世紀をわかりやすく解説【古代ローマ】

人

内乱の1世紀

ローマ共和政末期に約100年続いた内乱期のこと。グラックス兄弟の改革失敗をきっかけに内乱が始まり、オクタウィアヌスの帝政開始によって収束した。内乱を経てローマは共和政が崩壊し帝政に移行した。

内乱の背景に、ローマの二極化

カルタゴとのポエニ戦争に勝利したローマはマケドニアとギリシアの諸ポリスも支配し、地中海を制覇する巨大帝国へと成長しました。しかし、本来喜ばしいはずの領土拡大によって、かえってローマ内部は不安定になっていくのでした。

没落する中小農民

ローマが領土を拡大するにつれて、中小農民たちが没落していきました。その理由として、第二次ポエニ戦争が考えられます。

第二次ポエニ戦争が農民に与えた影響
  • イタリア半島が主戦場となり、農地が荒れ果てた。
  • 市民は自費で武装していたので、長期の戦争によって経済的に疲弊した。

仕事を失った農民たちは、最低限の生活水準を求めて都市に流れ込みました。

パンとサーカス

パンとサーカス

ローマ共和政末期に、市民が有力者に求めた食糧(パン)と、闘技場での剣闘などの娯楽(サーカス)のこと。堕落したローマ共和政を風刺した表現。

仕事を失った中小農民は無産市民となり、大量に都市に流入してきました。ローマの政治家、有力者たちは彼らを満足させ、反乱を起こさせないように「パンとサーカス」を与えました。「パンとサーカス」は社会的堕落の象徴として後世にも語り継がれます。

ラティフンディアで富裕層は儲かる

ラティフンディア

富裕層が大農園を所有し、そこで奴隷を働かせる大土地経営のこと。ローマの貧富格差拡大を助長した制度でもある。

中小農民が没落する一方、富裕層はラティフンディアによってさらに富を蓄えました。
対外戦争によって新たに領土を獲得したとき、新領土内の農地はいったんローマが貰い受け、市民に貸し出しました。その農地は貴族が大金をはたいて借り受け、奴隷を働かせていました。
農民ではなく、奴隷に働かせたんですね。

そうです。奴隷が作る農作物はとても安いので、農民は太刀打ちできませんでした。ラティフンディアも農民没落の理由の一つです。

ローマ共和政が不安定に

こうして市民間の貧富の差が拡大し、政治家は2つの派閥に分裂してローマ共和政が不安定になっていきました。

閥族派元老院(貴族階級)を重んじる保守派(代表例人物:スラ
平民派民会を重んじる革新派(代表例人物:マリウス

グラックス兄弟の改革

グラックス兄弟の改革(前133~123年)

ラティフンディアによる土地の占有を制限して、土地を無産市民に再分配しようとした改革。貴族階級の猛反対によって改革は失敗に終わる。兄は暗殺され、弟は自殺。

なぜ改革を行ったか?

ローマの軍事力は市民による重装歩兵がベースです。市民は自腹で武器を買い、戦争に駆り出されていました。しかし共和政末期になると、農民は没落しローマは武器を買えない人で溢れかえっています。こうなると国全体の軍事力が低下してしまいます。そこで登場するのがグラックス兄弟です。グラックス兄弟は、2人連続して護民官に選出されました。

グラックス兄弟

平民を保護して、軍事力を維持しよう。

改革失敗-内乱の一世紀に突入

グラックス兄弟の改革は、ラティフンディアで利益を得ていた貴族階級には受け入れ難いものでした。結局、貴族階級の反対によってグラックス兄弟の改革は失敗し、ローマは内乱の1世紀に突入します。

同盟市戦争

同盟市

イタリア半島内の、ローマに征服された都市。市民権がなく隷属的な扱いを受けていた。

ローマにひどい扱いを受けてきた同盟市が、紀元前91年にローマ市民権を求めて団結し反乱を起こしました。反乱は閥族派のスラが鎮圧しましたが、ローマはイタリア半島内の全住民(奴隷を除く)に市民権を認めるという譲歩を強いられました。
MEMO
市民権とは、民会における選挙・被選挙権や婚姻権、裁判権などを指します。

スパルタクスの反乱

スパルタクスの反乱

前73年に剣闘士スパルタクスが起こした、剣闘士・奴隷階級によるローマへの反乱。前71年にクラックス、ポンペイウスらによって鎮圧された。

建造物
ローマでは、闘技場で剣闘士という奴隷による見世物が行われていました。剣闘士同士、あるいはライオンなどの猛獣と戦わされていました。狂気じみた話ですが、当時はローマ市民の娯楽として楽しまれていました。
そんな剣闘士の一人、スパルタクスは他の剣闘士20万人を率いて、ローマ相手に大反乱をおこしました。

ポンペイウスとクラッススが鎮圧

スパルタクスの反乱は当初奴隷側が優勢でしたが、最終的にはポンペイウスクラッススを中心としたローマ軍に鎮圧されました。ポンペイウスとクラッススの2人はスパルタクスの反乱を鎮めたことで社会的名声を得て、前70年には執政官に選出されました。
後にカエサルが台頭するようになると、ポンペイウスとクラッススはカエサルと第一回三頭政治を組むことになります。

MEMO
スパルタクスの反乱をきっかけに、ローマ市民は奴隷に対して寛容な態度をとるようになったと言われています。