商業ルネサンス

中世ヨーロッパ展開期の年表
10世紀ごろ~
荘園を基盤とした、主従関係による社会が成立。中世西ヨーロッパ世界の骨組みとなる。
1077年
神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世がローマ教皇グレゴリウス7世に謝罪。当時の教皇権の強さを象徴する事件。
1096~1270年
イスラーム勢力から聖地イェルサレムを奪還すべく、教皇主導で軍を派遣するも失敗し、教皇の地位が揺らぎ始める。東方との交流が活発になり、西ヨーロッパ世界の様変わりのきっかけとなる。
11~12世紀ごろ
商業ルネサンス 今ココ
余剰生産物の交換が活発になり、それまでの現物経済に代わって貨幣経済が浸透する。また十字軍の影響で遠隔地貿易が発達し、商業が発展する。
11~12世紀ごろ
十字軍をきっかけに商業活動が活発になったことで、各地の都市が力をつけて自治都市となっていく。
11~12世紀ごろ
商業と都市が発展したことで、封建社会が衰退し始める。かつての支配階級であった騎士や諸侯は没落し、国王の権力が強くなっていく。
14世紀ごろ~
十字軍失敗を機に教皇権は衰退する。アナーニ事件ではフランス国王にローマ教皇が捕らえられる。堕落する教皇・教会を立て直すべくキリスト教内部からの改革運動が活発になり、後の宗教改革へと繋がる。

商業ルネサンスとは

11~12世紀の西ヨーロッパは、都市や商業が急速に発展した時代でした。このことを、「商業ルネサンス」または「商業の復活」と呼びます。それまでの西ヨーロッパ世界と言えば、荘園という閉ざされた世界での現物経済が主流であり、外部との交易も少なく、貨幣も価値を持ちませんでした。
ではなぜ商業が復活したのか、解説してくれるんですね。

十字軍の恩恵

十字軍がもたらしたもの

前回、十字軍について解説しましたね。イスラーム勢力に占領されたイェルサレムを奪還すべく、ローマ教皇主導で派遣された軍隊のことです。十字軍は結局イェルサレムを奪い返すことはできず失敗に終わりました。しかしその一方で、副産物もありました。
十字軍がもたらしたもの
  • 交通網の整備により、人やモノの交流が活発化
  • ビザンツ帝国やイスラームの先進的な文物が西ヨーロッパ世界に流入
  • 十字軍の輸送や補給を担当したイタリアの諸都市が繁栄

このようにして、十字軍をきっかけに東方貿易が拡大したことが、商業ルネサンスの一因となりました。西ヨーロッパでは特に3つの地域で商業が盛んになりました。一つずつ見ていきましょう。

地中海商業圏

十字軍の恩恵を最も受けたのが、地中海商業圏です。ヴェネツィア・ジェノヴァ・ピサなどの北イタリアを中心とした商業圏です。ビザンツ帝国やイスラーム商人との東方貿易によって、香辛料や絹織物を輸入して繁栄しました。
世界遺産
街

ヴェネツィアとその潟

中世以降、東西貿易の中継地として栄えたイタリア東部の港町。街の象徴的存在であるサンマルコ大聖堂は、当時の繁栄ぶりを物語っている。

北ヨーロッパ商業圏

北ヨーロッパ商業圏は、北海・バルト海を中心とする商業圏です。北ドイツのリューベック・ハンブルク・ブレーメンといった都市では、木材や穀物などの生活必需品を輸入しました。ブリュージュなどを中心とするフランドル地方は、毛織物の原料になる羊毛の生産地として繁栄しました。

内陸商業圏

地中海商業圏と北ヨーロッパ商業圏という2つの巨大な商業圏を結ぶ中継貿易で繁栄したのが内陸商業圏です。フランス北東部のシャンパーニュ地方や、ニュルンベルク・アウクスブルクといった都市が繁栄しました。
世界遺産
街

ブルージュ歴史地区

ベルギーの代表的な都市。中世には一大貿易拠点として繁栄した。街のいたるところに運河が通じており、「北のヴェネツィア」という異名をもつ。


地図