キリスト教会の東西分裂

ローマ教会 VS コンスタンティノープル教会

ローマ帝国の末期ごろのお話です。当時、五本山と呼ばれる5つの有力なキリスト教会がありました。その中のツートップがローマ教会コンスタンティノープル教会です。
ローマとコンスタンティノープルといえば、ローマ帝国の新旧の都ですね。

その通りです。この2つの教会はバチバチに主導権争いを行っていました。そして395年のローマ帝国の分裂によって、ローマ教会は西ローマ帝国の保護下に、コンスタンティノープル教会はビザンツ帝国の保護下に入りました
保護下に入る?国が教会を守るんですか?

教会はあくまで精神世界の指導者なので、現実世界でのスポンサーが必要なのです。布教したりするにもお金が必要ですからね。
図

聖像崇拝論争

ピンチ!西ローマ帝国の滅亡

西側のローマ教会ですが、不運にも保護者である西ローマ帝国がゲルマン人によって滅亡してしまいました。ローマ教会は、ビザンツ帝国に保護者を担当してもらうことになりました。
ビザンツ帝国が、コンスタンティノープル教会もローマ教会も守ってあげることになったんですね。

「聖像」を使って布教

ローマ教会は、周りにたくさんいるゲルマン人にキリスト教を布教しようとしました。しかし言葉も文化も違うゲルマン人に、どうやって布教するのか。そこでローマ教会が使ったのが「聖像」でした。聖像というのは、イエスや聖母マリアの絵や像のことをイメージしてください。
どうして聖像を使うと布教に便利なんですか?

視覚的に分かりやすいですからね。言葉の通じないゲルマン人に身振り手振りで説明するよりも、聖像を見せてやったほうが話は早いものです。
百聞は一見に如かず、ですね。

レオン3世の聖像禁止令

もともとキリスト教は聖像崇拝を禁じる宗教でした。聖像の見た目によって信仰心が左右される恐れがあるからです。
イエス様がイケメンだから信仰しよ!みたいなことですね。

そんな感じです。しかし4世紀にキリスト教はローマ帝国に公認され、その後広く布教されていきました。その過程で、聖像を使った布教もアリになっていったのです。しかしそんな中、726年にビザンツ皇帝のレオン3世聖像禁止令を出しました。
聖像使っちゃ駄目だってことですか?それはローマ教会からしたら都合が悪いですね。

当時ビザンツ帝国はイスラーム勢力の侵入に悩まされていました。そのイスラーム教は聖像崇拝を禁ずる宗教なのです。レオン3世は、聖像禁止令によってイスラーム勢力の侵入を食い止めようとしたのです。
なるほど。「キリスト教も聖像崇拝禁止にするから、もう攻めてこないでくれ!」とイスラーム勢力にアピールするわけですね。

これにはローマ教会は猛反発です。ゲルマン人への布教に聖像は必須ですからね。
ローマ教会は保護者であるビザンツ帝国と喧嘩してしまったんですね…

フランク王国に接近

ピピンの寄進

聖像禁止令と同時期におこったのが、トゥール・ポワティエ間の戦い(732年)です。フランク王国のカール=マルテルがイスラーム勢力を追い払い、ヨーロッパ世界を守った戦いです。
これはローマ教会にとっては良いニュースですよね。新たな保護者候補が見つかったんですもんね。

はい。ローマ教皇(ローマ教会のトップ)はこれを機にフランク王国に接近し、さらにピピンの寄進」でよりフランク王国との結びつきを深めました

カールの戴冠

そして800年のクリスマスの日、ローマ教皇のレオ3世はフランク国王のカール大帝に冠を授け(カールの戴冠)、西ローマ帝国の復活を宣言しました。これをもってローマ教会はビザンツ皇帝から完全に独立しました。
つまり、ローマ教会とコンスタンティノープル教会(ビザンツ皇帝配下)の分断が深まったという意味でもあるんですね。

そうです。やがてローマ教会は「カトリック」、コンスタンティノープル教会は「ギリシア正教」と名乗るようになっていきました。