黄河文明【古代中国】

古代中国の年表
前5000年頃~
中国文明 今ココ
中国最古の文明。黄河文明と長江文明を合わせた総称。
前16世紀頃~前11世紀頃
中国最古の王朝。青銅器や甲骨文字を使用し、神権政治が行われた。
前11世紀頃=前8世紀頃
皇帝の血縁者に地方を統治させる封建制を採用。鎬京に都をおいたが、異民族の侵入を受けて東の洛邑に遷都
前770~前211年
洛邑への遷都後に周王が弱体化し、各地の小国が中国の覇権を争う時代。諸子百家が登場。
前221~前206年
始皇帝により建国。中央集権的な郡県制を行い、「焚書・坑儒」で儒教を弾圧するなど厳しい統治。末期には反乱が頻発し、15年で滅亡。
前202~後8年
項羽との争いに勝利した劉邦が建国。長安を都とし、郡国制を採用。武帝のときに全盛期を迎えた。武帝の死後は宦官や外戚が政治の実権を握り、外戚の王莽により滅亡。
8~23年
建国者の王莽が、周時代の制度を復活させようと時代錯誤な改革を行った。赤眉の乱により滅亡。
25~220年
劉秀(光武帝)が漢を復活させ建国。末期の農民反乱により全国各地に軍事集団が割拠し、滅亡。

黄河文明

古代中国には文明が2つありました。黄河文明長江文明です。紀元前5000年頃、中国に流れる2つの大河である「黄河」と「長江」の周辺におこった文明です。
今回は黄河文明を重点的に解説します。
中国4000年の歴史どころじゃないんですね..

地図

雑穀栽培

中国北部の黄河流域は雨が少ないので、稲作には適していません。なので黄河文明では、麦やキビといった雑穀の栽培が中心でした。
現代でも、中国北部を代表する北京料理は小麦を使った料理が中心です。 
ジャージャー麺とか水餃子とかですね!

仰韶文化

黄河文明は、前半の仰韶文化と後半の竜山文化に分けられます。この2つの文化は、使われていた陶器に違いがありました。

彩陶

仰韶文化では「彩陶」という陶器が使用されていました。幾何学模様が描かれた陶器です。
陶器

竜山文化

黄河文明の後半、竜山文化です。前3000年頃から始まりました。

黒陶

竜山文化では「黒陶」という陶器が使用されていました。名前の通り真っ黒な陶器です。
陶器
POINT
仰韶文化は彩陶、竜山文化は黒陶。

邑の形成

竜山文化の末期になると、「(ゆう)」という集落が形成されていきました。
邑..?村みたいなものですか?

そんな感じをイメージしてください。邑の特徴は、血縁者同士が集まってできた集落という点です。

確認テスト

答え.雑穀
答え.仰韶文化
答え.黒陶
答え.

次の解説
殷【古代中国】殷【古代中国】 より詳しく勉強したい人はこちら(外部サイトへジャンプします。)
参考 黄河文明/世界史の窓

古代中国