中国分裂期

中国分裂期

これまでの中国は、秦や漢などの統一王朝の歴史でした。しかし後漢王朝が滅亡すると、ここから中国は300年に及ぶ分裂・混乱の時代に入りました。さまざまな民族が中国に侵入しては建国し、そして滅亡し...の連続です。歴史ファンにも根強い人気を誇る三国時代も、この時代のお話なのです。

オレンジ文字は各記事へのリンクになっています。
中国分裂期の流れ
3世紀
魏・呉・蜀の三国が中国を3つに分け、互いに争った時代です。最終的には魏の将軍、司馬炎が魏を乗っ取り、晋を建国して中国を統一しました。
5世紀
晋王朝は短命に終わり、中国はまた内乱期に入りました。やがて中国は北部と南部に勢力が分かれ、南北朝時代という対立の時代になりました。