「古代中国」の記事一覧

古代中国

中国の位置
中国最初の文明は、今から約7000年前に生まれました。その後は殷・周王朝による支配を経て、春秋・戦国時代という動乱の時代に入りました。相次ぐ戦争による社会不安から生まれた様々な思想は、現代にまで影響を与えています。その後に中国統一を果たした秦の時代から皇帝による政治体制が始まり、それは20世紀まで続きました。

オレンジ文字は各記事へのリンクになっています。
古代中国の流れ
前5000年頃~
中国最古の文明。黄河文明と長江文明を合わせた総称。
前16世紀頃~前11世紀頃
中国最古の王朝。青銅器や甲骨文字を使用し、神権政治が行われた。
前11世紀頃=前8世紀頃
皇帝の血縁者に地方を統治させる封建制を採用。鎬京に都をおいたが、異民族の侵入を受けて東の洛邑に遷都
前770~前211年
洛邑への遷都後に周王が弱体化し、各地の小国が中国の覇権を争う時代。諸子百家が登場。
前221~前206年
始皇帝により建国。中央集権的な郡県制を行い、「焚書・坑儒」で儒教を弾圧するなど厳しい統治。末期には反乱が頻発し、15年で滅亡。
前202~後8年
項羽との争いに勝利した劉邦が建国。長安を都とし、郡国制を採用。武帝のときに全盛期を迎えた。武帝の死後は宦官や外戚が政治の実権を握り、外戚の王莽により滅亡。
8~23年
建国者の王莽が、周時代の制度を復活させようと時代錯誤な改革を行った。赤眉の乱により滅亡。
25~220年
劉秀(光武帝)が漢を復活させ建国。末期の農民反乱により全国各地に軍事集団が割拠し、滅亡。