【史上初の帝国】アッシリアをわかりやすく解説

アッシリア ざっくり要点
  • 史上初めてオリエントを統一した民族のこと。
  • 支配下民族に厳しくしすぎて、崩壊した。

アッシリアとは?

アッシリアとは、紀元前7世紀頃に史上初めてオリエントを統一した民族(または国家)のことです。

世界史には、いくつもの「帝国」が登場します。ローマ帝国、オスマン帝国、ムガル帝国、大英帝国などなど。
そんな数ある帝国の中で、アッシリアは史上初の帝国だと言われています。

そもそも帝国ってなんなんでしょう?
厳密に定義が決まってるわけではありませんが、皇帝が複数の民族・国家を支配するのが帝国です。王国の巨大版みたいなイメージですね。

アッシリアが統一する前のオリエント世界は、様々な民族や国がごちゃまぜになっていました。例えば前15世紀頃はこんな感じです。

アッシリアが頭角を現してきた前12世紀頃はこんな感じです。

そして前7世紀にオリエント統一です。

めちゃくちゃでかい…
オリエント統一の要因として、アッシリアは戦争が強い国でした。統制された軍隊に当時としては珍しい戦車など、軍事的に他の国を何歩もリードしていたのです。

厳しすぎる統治

アッシリアはオリエントを統一した「帝国」なわけですから、アッシリア人以外の民族も国民に迎え入れます。この異民族をどう上手く統治していくのかが、皇帝の腕の見せ所です。
そこでアッシリアの歴代皇帝がとったのが、暴力による統治でした。征服した異民族を軍事力で抑えつけ、彼らが少しでも抵抗しようものなら破壊・虐殺していきます。

オリエントを統一する前もした後も、軍事力頼みだったんですね。
ただこんな厳しい支配も長続きはしません。アッシュル=バニパルというアッシリア黄金期を実現した王の死後、後継ぎを巡る内戦が始まります。この混乱に乗じて支配下民族たちはアッシリアから独立し始め、前612年にアッシリアは崩壊しました。

こちらがアッシリア滅亡後のオリエント世界です。

アッシリア まとめ

まとめ
  • アッシリアとは、前7世紀にオリエントを統一した民族・国家のこと。
  • 騎兵隊や戦車を用いて、軍事力で他国に優っていた。
  • 厳しい統治によって支配下民族の反乱を招き、アッシリアは崩壊した。
  • アッシリア崩壊後、オリエント世界はエジプト、リディア、新バビロニア、メディアの4王国が分立した。