アッバース朝【イスラーム世界】

イスラーム世界の年表
7世紀
メッカに生まれた商人ムハンマドがイスラーム教を創始
632~661年
ムハンマドの死後、イスラーム世界をカリフが統率した時代
661~750年
イスラーム史上最大の王朝。アラブ人優遇政策により国民から反発を受ける
750~9世紀初頭
アッバース朝の成立~全盛期 今ココ
バグダードに遷都。ハールーン=アッラシードのとき全盛期
10世紀
シーア派王朝のファーティマ朝とブワイフ朝がアッバース朝を圧迫
11世紀
トルコ人王朝のセルジューク朝が登場。建国者トゥグリル=ベクがスルタンの称号を授かる。
12世紀
エジプトでサラディンがアイユーブ朝を建設。十字軍からイェルサレムを奪還する。
13世紀
フラグ率いるモンゴル軍がアッバース朝を滅ぼし、イル=ハン国を建設。ガザン=ハンのときイスラーム教に改宗。

ここまでの流れ

ウマイヤ朝はアラブ人を優遇する税制度をとり、国内の異民族からの反発を受けて滅亡しました。ウマイヤ朝の後を受けて、アッバース朝が始まります。

アッバース朝のカリフたち

アッバース朝のカリフを務めた人物を数人紹介します。
  • アブー=アルアッバース:アッバース朝の建国者
  • マンスール:2代目カリフ。円形の首都バグダードを造営
  • ハールーン=アッラシード:アッバース朝の最盛期を築く

バグダードは現在のイラクの首都です。円形も保たれています。
街

ウマイヤ朝の反省を生かした政治

民族間差別の撤廃

アッバース朝は、ウマイヤ朝の反省を生かした税制度をとりました。まずハラージュは帝国内の全員が払わなければならないことにしました。そしてジズヤを異教徒のみに課す税としました。イスラーム教徒であれば異民族であってもジズヤは払わなくていいわけです。
民族間の不平等が無くなったので、良い感じになりましたね。

ウマイヤ朝を反面教師にしたことで、アッバース朝は国民の不満を解消することができました
POINT
イスラーム教徒への課税:ハラージュのみ
非イスラーム教徒への課税:ハラージュとジズヤ

シャリーアで秩序をもたらす

アッバース朝は、安定した統治のために法律も整備しました。以降、カリフの政治は「シャリーア」と呼ばれるイスラーム法に基づいて行われるようになりました。

タラス河畔の戦い

建国直後の751年、アッバース朝は中国の唐王朝と戦い、圧勝しました。この戦いをタラス河畔の戦いといいます。アッバース朝は唐の紙職人を捕虜にしてバグダードまで連れて帰りました。これにより中国が長年独り占めしていた紙の作り方が西方へ広まることになりました

確認テスト

答え.マンスール
答え.ハールーン=アッラシード
答え.タラス河畔の戦い
答え.シャリーア