12世紀のイスラーム世界をわかりやすく解説【ホラズム朝/ムワッヒド朝/ゴール朝】

12世紀も様々な場所で、様々なイスラーム王朝が登場します。当時のイスラーム勢力図はこちら。
地図
アイユーブ朝はこちらで解説しています。その他の王朝について、それぞれ簡単に紹介していきます。

ホラズム朝

プロフィール
  • :サマルカンド
  • 領土:イラン・中央アジア
  • 存続期間:1077~1231年
  • 特徴①:トルコ系イスラーム王朝
  • 特徴②:チンギス=ハン率いるモンゴル帝国に滅ぼされる

ホラズム朝はセルジューク朝から独立してできた王朝です。
一時は中央アジア・イラン高原にかけて広大な領土を支配しましたが、1231年にチンギス=ハン率いるモンゴル帝国に滅ぼされました。

ムワッヒド朝

プロフィール
  • :マラケシュ
  • 領土:アフリカ北西部
  • 存続期間:1130年~1269年
  • 特徴:先住民ベルベル人によるイスラーム王朝

アフリカ北西部のマグリブ地方ではムラービト朝を滅ぼしてムワッヒド朝が成立しました。ムラービト朝と同じくベルベル人による王朝です。

西ヨーロッパ世界との衝突

地図を見てもらえれば分かりますが、ムワッヒド朝の領土はイベリア半島(現在のスペインとポルトガルがある半島)にまで進出しています。キリスト教徒側(西ヨーロッパ側)はムワッヒド朝をイベリア半島から追い出すために軍を派遣し、1212年にムワッヒド朝に勝利しました。
これを機にムワッヒド朝は衰退していき、1269年に滅亡しました。

ゴール朝

プロフィール
  • 領土:アフガニスタン
  • 存続期間:1148頃~1215年
  • 特徴①:ガズナ朝から独立
  • 特徴②:インド侵入をくり返す

インド方面ではガズナ朝を滅ぼしてイラン系のゴール朝が成立しました。ガズナ朝と同じく、ゴール朝はインドへの侵入を繰り返し、インドのイスラーム化が進みました

アイバク

ゴール朝は北インドを制圧し、統治をアイバクという将軍に任せました。現地に残されたアイバクはその地で奴隷王朝(1206~1290)を建ててました。これがインド最初のイスラーム政権です。アフガニスタンに残ったゴール朝は1215年にホラズム朝によって滅ぼされました。

確認テスト

答え.ムワッヒド朝
答え.ゴール朝