アイユーブ朝/ホラズム朝/ムワッヒド朝/ゴール朝【12世紀のイスラーム世界】

イスラーム世界の年表
7世紀
メッカに生まれた商人ムハンマドがイスラーム教を創始
632~661年
ムハンマドの死後、イスラーム世界をカリフが統率した時代
661~750年
イスラーム史上最大の王朝。アラブ人優遇政策により国民から反発を受ける
750~9世紀初頭
バグダードに遷都。ハールーン=アッラシードのとき全盛期
10世紀
シーア派王朝のファーティマ朝とブワイフ朝がアッバース朝を圧迫
11世紀
トルコ人王朝のセルジューク朝が登場。建国者トゥグリル=ベクがスルタンの称号を授かる。
12世紀
エジプトにイスラーム世界の中心が移る 今ココ
エジプトでサラディンがアイユーブ朝を建設。十字軍からイェルサレムを奪還する。
13世紀
フラグ率いるモンゴル軍がアッバース朝を滅ぼし、イル=ハン国を建設。ガザン=ハンのときイスラーム教に改宗。

ここまでの流れ

11世紀の後半に台頭したスンナ派セルジューク朝は、バグダードからブワイフ朝を追い出しました。建国者のトゥグリル=ベクはスルタンの称号を授かり、イスラーム世界の中心はセルジューク朝へと移行しました。

エジプトの時代へ

11世紀のイスラーム世界は、トルコ人王朝のセルジューク朝が活躍しましたね。ところが12世紀に入ると、セルジューク朝の一族が分裂して地方政権化します。そしてイスラーム世界の主導権はエジプトのアイユーブ朝(1169~1250)に移ります。
また新しい王朝の登場ですね。覚えるのが大変…

それまでエジプトを支配していたのはファーティマ朝でした。しかしセルジューク朝の圧力に押されるなどして、ファーティマ朝の勢力は弱まっていきました。そしてファーティマ朝の宰相(カリフの補佐役のような役職)に就任したサラディンという人物が実権を握り、新たにアイユーブ朝を建設しました。
地図

十字軍との戦い

アイユーブ朝は十字軍との戦いでも知られています。1187年には十字軍を破って88年ぶりに聖地イェルサレムを奪い返しました。イェルサレムはユダヤ教・キリスト教・イスラーム教の共通の聖地ですから、キリスト教の代表である十字軍と奪い合いをしていたわけです。
世界遺産
建物

岩のドーム

イェルサレムにあるイスラーム教三大聖地の一つ。現存する最古のイスラーム建築でもある。内部には、ムハンマドが天から地上に戻った場所とされている岩がある。

王朝が続々と登場

12世紀も様々なイスラーム王朝が登場します。それぞれ簡単に紹介していきます。

ホラズム朝

中央アジア・イラン高原ではホラズム朝(1077~1231)が広大な領土を支配しましたが、チンギス=ハン率いるモンゴル帝国に滅ぼされました。

ムワッヒド朝

北アフリカではムラービト朝を滅ぼしてムワッヒド朝が成立しました。ムラービト朝と同じくベルベル人が建国しました

ゴール朝

インド方面ではガズナ朝を滅ぼしてゴール朝(1148頃~1215)が成立しました。ガズナ朝と同じくゴール朝はインドへの侵入を繰り返し、インドのイスラーム化が進みました

確認テスト

答え.サラディン
答え.イェルサレム
答え.ムワッヒド朝
答え.ゴール朝