セルジューク朝/ムラービト朝/ガズナ朝【11世紀のイスラーム世界】

イスラーム世界の年表
7世紀
メッカに生まれた商人ムハンマドがイスラーム教を創始
632~661年
ムハンマドの死後、イスラーム世界をカリフが統率した時代
661~750年
イスラーム史上最大の王朝。アラブ人優遇政策により国民から反発を受ける
750~9世紀初頭
バグダードに遷都。ハールーン=アッラシードのとき全盛期
10世紀
シーア派王朝のファーティマ朝とブワイフ朝がアッバース朝を圧迫
11世紀
トルコ人活躍の時代 今ココ
トルコ人王朝のセルジューク朝が登場。建国者トゥグリル=ベクがスルタンの称号を授かる。
12世紀
エジプトでサラディンがアイユーブ朝を建設。十字軍からイェルサレムを奪還する。
13世紀
フラグ率いるモンゴル軍がアッバース朝を滅ぼし、イル=ハン国を建設。ガザン=ハンのときイスラーム教に改宗。

ここまでの流れ

10世紀にはアッバース朝の勢力が衰え、エジプトのファーティマ朝とイランのブワイフ朝が台頭しました。ブワイフ朝はアッバース朝の都であるバグダードを侵攻し、イスラーム世界の主導権を握りました、

転機の11世紀

11世紀のイスラーム世界を見ていきましょう。8~9世紀に繁栄したアッバース朝は、10世紀に入ると帝国内の内部分裂により弱体化が進みました。
左隣のファーティマ朝、右隣のブワイフ朝に挟み撃ちにされたような形でしたよね。

そうです。ブワイフ朝がアッバース朝の都バグダードに侵攻してからは、事実上の政権をブワイフ朝に奪われてしまいました。そんな混沌とした空気漂うイスラーム世界は、11世紀の後半に転機を迎えます
地図

救世主セルジューク朝

大アミールからスルタンへ

ブワイフ朝に好き勝手やられてしまい、アッバース朝カリフの権力も失墜しました。そんな中、カリフの取り巻きがある噂を耳にします。「どうやら中央アジアでスンナ派の王朝が生まれて、彼らはここバグダードを目指しているらしい。」と。その王朝が、トルコ人によるイスラーム王朝、セルジューク朝です。ポイントは、セルジューク朝はスンナ派であるということです
アッバース朝も同じスンナ派なので、セルジューク朝に助けてもらえるってことですか?

その通りです。1055年、アッバース朝のカリフに迎え入れられたセルジューク朝はバグダードに入城し、ブワイフ朝を追い払いました。アッバース朝は助けてもらったお礼として、セルジューク朝の建国者のトゥグリル=ベクに「スルタン」という称号を授けました。それまでの大アミールに代わって、スルタンによるイスラーム世界の統治がここから始まりました。
POINT
スルタンは「支配者」という意味があります。

マムルーク

どうしてセルジューク朝は建国して間もない国なのにブワイフ朝を追い払えたんでしょうか?

セルジューク朝が強国だった影には、マムルークと呼ばれるトルコ人奴隷兵士の存在があります。マムルークはイスラーム各王朝に仕えており、セルジューク朝もマムルークを採用し、軍隊組織を整えました。

ガズナ朝

セルジューク朝の右隣アフガニスタンには、ガズナ朝(977~1187)が成立しました。こちらもトルコ人によるイスラーム王朝です。ガズナ朝はインドの富を狙って侵攻を繰り返しました
11世紀のイスラーム世界はトルコ人の活躍が目立ちますね

ムラービト朝

アフリカに目を移しましょう。マグリブ地方(アフリカ北西部あたりのこと)では、ベルベル人ムラービト朝(1056~1147)を建設しました。ムラービト朝は、後ウマイヤ朝が滅亡した後のイベリア半島も征服しました。ムラービト朝はアフリカ内陸のガーナ王国を攻撃したので、イスラーム教がアフリカ内陸部に浸透していきました。

確認テスト

答え.トゥグリル=ベク
答え.スルタン
答え.マムルーク
答え.ガズナ朝
答え.ムラービト朝