ファーティマ朝/ブワイフ朝/カラ=ハン朝【10世紀のイスラーム世界】

イスラーム世界の年表
7世紀
メッカに生まれた商人ムハンマドがイスラーム教を創始
632~661年
ムハンマドの死後、イスラーム世界をカリフが統率した時代
661~750年
イスラーム史上最大の王朝。アラブ人優遇政策により国民から反発を受ける
750~9世紀初頭
バグダードに遷都。ハールーン=アッラシードのとき全盛期
10世紀
イスラーム世界の分裂期 今ココ
シーア派王朝のファーティマ朝とブワイフ朝がアッバース朝を圧迫
11世紀
トルコ人王朝のセルジューク朝が登場。建国者トゥグリル=ベクがスルタンの称号を授かる。
12世紀
エジプトでサラディンがアイユーブ朝を建設。十字軍からイェルサレムを奪還する。
13世紀
フラグ率いるモンゴル軍がアッバース朝を滅ぼし、イル=ハン国を建設。ガザン=ハンのときイスラーム教に改宗。

ここまでの流れ

アッバース朝はウマイヤ朝時代の反省を生かして、非アラブ民族にも寛容な統治を行いました。8世紀半ばには全盛期を迎え、タラス河畔の戦いでは中国の唐王朝を破りました。

アッバース朝の衰退

点在するイスラーム王朝たち

アッバース朝は8世紀末のハールーン=アッラシードの時代に全盛期を迎えました。しかし彼の死後、アッバース朝は内部分裂により衰退の一途をたどります。こちらは10世紀頃のイスラーム王朝の勢力図です。
地図
全盛期と比べると、アッバース朝の領域がかなり小さくなっていますね。

アッバース朝を挟んでいるファーティマ朝とブワイフ朝について今回は解説していきます。

スンナ派vsシーア派

かつてウマイヤ朝が発足したとき、イスラーム教にスンナ派とシーア派という二大派閥が生まれましたよね。今回紹介するファーティマ朝とブワイフ朝は、ともにシーア派の王朝です。
シーア派ってどんなのでしたっけ…

正統カリフ時代の4代目カリフ、アリーの子孫のみを、正統な後継者として認める思想です。頑固なイメージを持ってもらえればいいと思います。この2国に対してアッバース朝はスンナ派です。
シーア派のファーティマ朝とブワイフ朝に、スンナ派のアッバース朝が挟まれている構図ですね。なんだか危ない香りがします…

ファーティマ朝がカリフを自称

まずはファーティマ朝(909~1171)です。北アフリカで始まったファーティマ朝は都をカイロに置きました。ファーティマ朝は「アリーの子孫である俺たちこそが真のカリフだ!」と主張し、アッバース朝のカリフと対抗しました。さらにファーティマ朝と同じく後ウマイヤ朝もカリフを自称したので、イスラーム世界に3人のカリフが共存する状況になりました
イスラーム世界の戦国時代の到来ですね。

顔

ブワイフ朝の政権奪取

アッバース朝の右隣では、イラン人の軍人がブワイフ朝(932~1062)を建国しました。ブワイフ朝は、946年にアッバース朝の都、バグダードに侵攻しました。その結果、ブワイフ朝の指導者はカリフから「大アミール」の称号を授かりました。
大アミールとはいったい何でしょうか?

アミールは、「司令官」や「総督」を意味します。大アミールは「アミールの第一人者」という意味です。ブワイフ朝がイスラーム世界の軍事・行政権を獲得したと考えてみてください。
ファーティマ朝にはカリフを自称されて、ブワイフ朝には武力行使されて、この頃のアッバース朝は散々ですね。

トルコ人初のイスラーム王朝の誕生

10世紀には、トルコ人初のイスラーム王朝であるカラ=ハン朝(940頃~1132頃)が中央アジアに誕生しました。カラ=ハン朝をきっかけにトルコ人国家の建設が盛んになり、この後のイスラーム世界の中心的な民族となっていきます。

確認テスト

答え.10世紀
答え.カイロ
答え.大アミール